群馬県桐生市 逆流性食道炎の鍼灸治療

逆流性食道炎専門の治療

「吐き気」や「胸焼け」、「喉の違和感」や「胃酸の逆流する感覚」、「ゲップ」にお悩みではありませんか?

逆流性食道炎とは、胃の中にある酸性度の高い胃酸や胃液が食道まで逆流することによって発生する炎症です。食道は胃と違い、胃酸などの刺激を防ぐ粘膜がないためこのような症状が起こります。その結果として吐き気や胸焼けなどを感じるようになります。

機能性ディスペプシア(胃の痛み、胃の不快感)、過敏性腸症候群(下痢や便秘、ガスの悩み)、梅核気・ヒステリー球(喉の違和感)を併発していることも多いです。

病院の治療は、「炎症を抑えること」や「胃酸の分泌を抑えること」を目的とした投薬治療が一般的です。

しかし、これらの薬で症状が改善しない場合や一度は症状が改善しても再発してしまうことがあります。逆流性食道炎は再発率が80%近いのです。

このように薬で改善しにくい場合や、症状が再発してしまう場合には鍼灸治療が効果的です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 普段からよく吐き気を感じる
  • 食後に胸焼けを感じることが多い
  • ゲップが出ることが多くなった
  • 常に喉に違和感がありスッキリしない
  • 胃酸が逆流するような感覚が不快だ

予約・お問い合わせはこちら

・LINEで予約・お問い合わせをする

友達追加後に、お問い合わせをお願いします。

・ネットで予約をする


・電話で予約をする

080-4799-8078

電話に出られないことが多いため、LINE予約かネット予約をオススメしています。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は胃酸が逆流してしまう病気ですが、胃酸が逆流する原因は様々です。

主な原因として考えられているのは、「胃と食道の間の筋力の低下」、「腹圧の上昇などです。

このような原因で発症している逆流性食道炎には鍼灸治療が効果的です。

逆流性食道炎に鍼灸治療をオススメする理由

逆流性食道炎の患者さんのお腹には特徴的な固さがあります。この固さはマッサージなどではなかなか緩まないのですが鍼灸治療を行うことでよく緩みます。

逆流性食道炎の原因の一つとして筋力低下を挙げましたが、毎日使っているはずの筋肉がそこまで弱くなるとは考えづらく、実際には筋力は低下しておらず「筋肉が上手く働いていない」状態であると当院では考えています。

お腹の特徴的な緊張を取り除くことで筋肉が正常に働くようになり、高くなりすぎた腹圧も元にもどります

逆流性食道炎専門の鍼灸治療

みどり鍼灸院では逆流性食道炎に対して高い治療効果を出すために研究を重ねています。その結果として以下のような特徴があります。

1.お腹に鍼を刺さない

お腹に直接鍼をすると、刺激が強すぎてしまい余計に体調が悪くなることがあります。あるいは一時的に状態が改善してもすぐに元に戻ってしまいます。

みどり鍼灸院では手や脚のツボに鍼をすることで刺激が強くならないよう細心の注意を払っています。また、内臓の働きを良くすることで根本的な治療を行なっています。

2.お腹の固さの分析

みどり鍼灸院では、お腹を左右それぞれ19箇所に分割して固さを分析します。本当に固くなっている場所がどこなのか明らかにすることで上質な治療が可能になります。

3.鍼の本数が少ない

みどり鍼灸院では1回の治療で使う鍼の本数が1〜7本です。

一般的な鍼治療と比べると少ない方ですが、原因を的確に見極めているためこの本数での治療が可能になります。

鍼の本数が少ないと、余計な刺激も減らせるので症状の回復がスムーズになります。

予約・お問い合わせはこちら

・LINEで予約・お問い合わせをする

友達追加後に、お問い合わせをお願いします。

・ネットで予約をする


・電話で予約をする

080-4799-8078

電話に出られないことが多いため、LINE予約かネット予約をオススメしています。

料金

初回

7,700円(税込)

2回目以降

5,500円(税込)

施術時間

初回

45〜60分

問診、検査の時間が含まれています。

2回目以降

20分〜40分

あくまで目安です。十分な変化があれば早めに終了することがあります。

最後に

逆流性食道炎は薬で効果が出ない方も多く、また一度は症状が改善しても再発してしまうことが少なくありません。当院のホームページを見ているあなたも自分の症状が改善するのか不安な気持ちを抱えていると思います。

その不安な気持ちが少しでも軽くなればと思い、この逆流性食道炎のページを作りました。

しっかり検討してもらい、自分に鍼灸治療が必要だと思ったら当院にご連絡ください。

全力であなたのお悩み解決のサポートをさせていただきます。